2007年12月28日

  中国〜日本航路 輸入貨物に対するEBS据え置きについて

平素より上海市錦江航運有限公司をご利用いただきまして誠に有り難うございます。

さて、上海市錦江航運有限公司では、2008年3月31日までEBS(緊急燃料油割増料金)を下記の現行料率のまま据え置く事を決定いたしました。
船舶用燃料油(Bunker)の価格は高騰が続いておりますが、上海〜日本航路海上運賃安定化と運賃構造合理化(サーチャージ問題改善)を目指しての決定です。
何卒皆様のご理解と更なるご支援を賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

  1. 名称
 
Emergency Bunker Surcharge(略称:EBS)
 
  2. 対象貨物
 
中国からの日本向け輸入コンテナ貨物全般
 
  3. 料率
 
( )内は、中国PREPAIDの場合
\ 6,000/20’ (US$ 50.00/20')
\12,000/40’ (US$100.00/40')
 
  4. 支払地

 
原則として揚げ港
(積地/中国側でPREPAIDする場合は、SHIPPERの申し込みが必要)
 
  5. 据え置き期間  2008年3月31日まで

 

以上

   

 Copyright©Jinjiang Shipping Japan Co., Ltd.