2007年7月10日

中国〜日本航路 輸入貨物に対するEBS (Emergency Bunker Surcharge)導入のお知らせ

平素は上海市錦江シッピングをご利用いただきまして誠に有り難うございます。

さて、近時の船舶用燃料油(Bunker)の価格は最高値更新に次ぐ更新と高騰が続いており、本船運航経費は大幅に増加し航路の安定的な運営上非常に厳しい状況をもたらしております。

このような状況下、上海市錦江シッピングでは、8月10日以降上海港を出港する本船よりEBS(緊急燃料油割増料金)を導入させて頂く事となりましたので下記ご案内申し上げます。

何卒ご理解とご協力を賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

  1. 名称
 
Emergency Bunker Surcharge(略称:EBS)
 
  2. 対象貨物
 
中国からの日本向け輸入コンテナ貨物全般
 
  3. 料率
 
( )内は、中国PREPAIDの場合
\ 6,000/20’ (US$ 50.00/20')
\12,000/40’ (US$100.00/40')
 
  4. 支払地

 
原則として揚げ港
(積地/中国側でPREPAIDする場合は、SHIPPERの申し込みが必要)
 
  5. 実施時期  2007年8月10日以降に上海を出港する本船より

 

以上    

 Copyright©Jinjiang Shipping Japan Co., Ltd.